Skip to content

オリジナル絵本の専門店【ドリームプロジェクト】

13時までのご注文で

当日発送いたします

※休業日を除く

13時までのご注文で当日発送
※休業日を除きます

送料無料

クリックポスト
送料無料

ギフトボックス無料

ギフトボックス
無料サービス

絵本のご紹介

キャッシュレス決済5%還元
本サイズ
ページ数:35ページ 絵本サイズ: 175 mm(幅) × 211 mm(高さ)
おすすめ!

恐竜の国での冒険

ユニコーン(一角獣)と一緒に恐竜の国へ。冒険を通じて、さまざまな恐竜達について学びます。

<こんな方へ>

恐竜好きのお子さんやお孫さんへのお誕生日プレゼントに! 卒園・入園での贈りものにもいいですよ!
価格3850(税込)
絵本のシミュレーションもこちらから!

絵本のサンプル

絵本の内容のサンプルがご覧いただけます。

絵本の画像の下の『次』のボタンをクリックすると2ページ分進み、『前』のボタンをクリックすると2ページ分戻ります。

絵本の内容のサンプルがご覧いただけます。

絵本の上を指で左右にスワイプしてください。

  •  
  •  

     

     

    たけしくん

    きょうりゅうのくにをいく

     

     

    あなたにおくるおはなしのほん

     

     

     

     

     

     

     

    ジョーゼフ・フィッタント作

    あき よしこ訳

    ヴァレリー・ウェブ画

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    恐竜の国でのの冒険

    ジョーゼフ・フィッタント作/あき よしこ訳

    発行所●ドリームプロジェクト

     

  •  

      

     

     なかむらたけしさま

     

     

    これはあなたのために

    とくべつにつくられたおはなしのほんです。

     

     

     

     

    たけしくん、おたんじょうびおめでとう!

    おともだちと、いっぱいあそんでね!

     

     

    20111125

    パパとママより

     

  • たけしくんさい。
    ふとんのなかで、ねがえりをうって ゆっくりと
    めをあけました。でも、すぐに めをつぶりました.
    「まさか! ユニコーンのはずがない!」
    たけしくんは いま みたものが
    しんじられなかったのです。
    もういちど おそるおそる めをあけてみました。
    そのどうぶつは やっぱりいました。
    「おはよう、たけしくん
    きょうは きみのねがいごとを きくために
    ここに やってきたんだよ」
    ユニコーンは ささやきました。
    「・・・・・・え-っと・・・・・・そうだ!
    きょうりゅうのこと、もっとしりたいんだけど・・・・・・

    たけしくんは こたえました。

     

  •  

    「そんなことならまかせといて!
    これから、きょうりゅうのくにへ
    つれていってあげるよ。よういは いい?
    さぁ、しっかりつかまって!」
    たけしくんをのせた ユニコーンは、

    おおぞらに とびたちました。

  • たけしくんとユニコーンが
    ついたのは、うつくしいみずうみの ほとりです。
    とてもおおきなアバトサウルスが、
    「やあ」と こえをかけてきました。
    「ぼくのからだは、バスよりおおきいでしょ。
    すきなたべものは、みどりの はっぱなんだ」
    たけしくんが なまえをきくと
    「ないんだ」
    きょうりゅうは かなしそうに こたえました。
    「じゃ、なまえをつけてあげる。

    ミスター・ビッグってどう?」

     

  •  

    「ねえ、みて!
    あのやま、ひをふいている!」
    たけしくんは、
    みずうみのむこうを ゆびさしました。
    「ああ、あれは かざんだよ。
    まわりをみてごらん。
    きょうりゅうのくにには かざんや ぬまや
    ジャングルが、あちこちにあるんだよ」
    「ほんと、すごくあついね」

    たけしくんが いいました。

  • そこへ、ステゴサウルスが あらわれました。
    「みて! せなかのギザギザ!」
    たけしくんはさけびました。
    「あれは ほねのいたで できてるんだ。
    ステゴサウルスは あのギザギザで
    じぷんのみを まもったり、
    あそこから たいようのねつをとりいれて
    からだを あたたかくするのさ」

    ユニコーンが おしえてくれました。

     

  •  

    たけしくんと ユニコーンは、
    うすぐらいジャングルヘ はいっていきました。
    かわったかたちのむしや、いろいろなきょうりゅうが
    たくさんいました。
    あるきまわっていると、とおくから
    ビシャビシャと おおきなおとが きこえてきました。
    「あんなに おおきなおとを たてているのは
    だれだろう?」
    たけしくん

    つきとめたくなりました。

  • そんなに とおくないところで、
    ティエラノサウルスに であいました。
    この きょうりゅうは はが おおきくて、
    がんじょうなうしろあしで たっていました。
    ふといしっぽが からだのささえに なっています。
    「あんなに おおきなおとを たてていたのは、
    きみだったの!
    ちょっとうるさかったから、
    ノイジーっていうなまえを つけてあげる!」と、
    たけしくんは いいました。
    「いま こんなことをしているなんて、
    しんいちくんや、まゆみちゃんや、
    あつしくん
    しんじてもらえるかなあ……」

    たけしくんは おもいました。

     

  •  

    きがつくと ユニコーンが ないていました。
    「どうしたの?」
    たけしくんが ききました。
    「きょうりゅうたちには
    なまえをつけてあげたのに、
    ぼくには つけてくれないんだもん」
    ユニコーンは しょんぼりしています。
    「ごめん、ごめん。
    「そうだ、エーリエルなんて、どう?」
    たけしくんが いうと
    「いいね!」

    ユニコーンが にっこりわらいました。

  • とつぜん、ねことおなじくらいの おおきさの
    コンプングネイサスが
    たけしくんたちの よこを
    かけぬけながら さけびました。
    「ぼくに ついてきて! いいもの みせてあげる」
    「はやくはしれるから、
    ライトニングって よんでもいいかい?」
    と、たけしくんは いいながら
    エーリェルと いっしょに すごいスピードで

    ライトニングのあとを おっていきました。

     

  •  

    やすみなく どんどん はしっていくと、
    ごつごつしたいわが そそりたっていました。
    ライトニングが がけのうえのすを
    みせてくれました。
    なかには テルーダクティルスのこどもが
    3びき いました。
    「だれの こども なのかなあ?」

    たけしくんはおもいました。

  • 「わたしだよ」というこえが、そらから きこえて
    テルーダクティルスが すがたを あらわしました。
    たけしくん
    そらをとべるトカゲが いるなんて
    おもっても みませんでした。
    「デッキーという なまえにきめた!」と、
    たけしくんは おもいました。
    デッキーが すに おりてきました。
    エーリエルが デッキーと

    なにか はなしを しています。

     

  •  

    エーリエルが たけしくん
    「そろそろ いえに かえるじかんだよ」と.
    いいました。
    たけしくん、エーリエル そして
    テルーダクティルスは きょうりゅうのくにを
    みおろしながら、うつくしいみずうみまで
    まいもどってきました。
    「なにが あるんだろう?」
    きょうりゅうたちが テープやふうせんで きしべを
    かざりつけています。
    「なにが はじまるの?」
    たけしくんが きいても、

    エーリエルは こたえてくれません。

  • ちじょうに おりたつと、
    ペントセレープスが あいさつに やってきました。
    たけしくんが すばやく かぞえると、
    ペントセレープスのあたまには つのが 5ほん。
    「なまえは ペンティーだ!」
    たけしくんは きめました。
    「わたしと いっしょに きてください。
    あなたを びっくりさせることが あるんです」

    ペンティーは いいました。

     

  •  

    きょうりゅうたちが おおきなケーキを
    とりかこんで います。
    「だれのケーキなの?」
    たけしくん、きみのだよ!」
    きょうりゅうたちが こえをそろえて いいました。
    エーリエルと きょうりゅうたちは、
    たけしくん
    いえに かえるじかんに なったことを
    しっていたのです。
    だから みんなは たけしくん
    じぶんたちの くにで すごした
    きょうのことを おぼえていてほしくて

    パーティーを することにしたのでした。

  • パーティーが おわると
    ティエラノサウルスのノイジーが  いいました。
    たけしくん  ざんねんだけど
    もうおおさかに   かえるじかんだよ」
    たけしくんは、まだかえりたくありません。
    でも しんいちくんや、
    まゆみちゃんや、あつしくん
    しんぱいするし、
    みんなに きょうりゅうの くにでの ぼうけんを

    はなしたくて たまりませんでした。

     

  •  

    たけしくんを いえまで
    おくってくれたエーリエルが、いいました。
    「きみと いっしょで ぼくも たのしかったよ」
    たけしくんの へやに
    もらったケーキが ひとつと、
    ともだちになったきょうりゅうたちの
    サインのはいった カードが ありました。
    「このケーキを
    しんいちくんや、まゆみちゃんや、
    あつしくん
    いっしょにたべて、
    この ぼうけんの はなしをするね。
    さよなら エーリエル。
    ぼくの ねがいを きいてくれて

    ぼんとうに ありがとう」

     

  • たけしくん

    ユニコーンにあったら おねがいしたいこと

     

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

    ――――――――――――――――

     

     

     

     

     

     

     

  •  
Scroll To Top